日経Windowsプロ 2002/12号

技術解説 from Windows & 
Active Directoryを確実に 保守/復元する実践的テクニック
後 編

■Windows 2000ネットワークの心臓部であるActive Directory(AD)に万一トラブルが起こったら,どうするべきか。ADを迅速に復元するための手順を紹介する。■マルチマスター方式を採用するADの復元は,手順を誤ると被害を拡大させてしまう危険性がある。ネットワーク全体に悪影響を及ぼすことも十分にあり得る。(132〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6511文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
update:19/09/25