日経ホームビルダー 2003/01号

焦点
「磁性木材」を開発した岩手大学工学部助教授の岡英夫さん ケータイの電波を吸収する機能も
ひと

 木材に磁石がくっついている。これが現在、岩手県内で実用化研究が進められている「磁性木材」。写真で木材を持っている岡英夫さんは、この研究の第一人者だ。 「木の柔らかさや調湿性、加工性などを残したまま、磁性材によって様々な新しい機能を付加できる技術だ。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:910文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
岩手大学
update:19/09/27