日経ホームビルダー 2003/01号

特集
接合金物「施工の禁じ手」

 せっかく気を使って接合金物を選んでいるのに、釘への配慮が欠けている例は意外と多い。写真は、構造に詳しい住宅技術者が現場で一番よく見るという例だ。釘の本数も金物の位置も正しいので、一見すると問題があるようには見えない。しかしよく見ると、所定の太め鉄丸釘「ZN90」ではなく鉄丸釘「N50」が使われている。 「釘が違うくらいで大げさな」と思うかもしれない。(31〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10670文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
カナイ
タナカ
田原建築設計事務所
日本住宅・木材技術センター
BXカネシン
update:19/09/27