日経ホームビルダー 2003/01号

現場の工夫
段ボールの型枠で ベタ基礎のコストを削減
船橋建築設計事務所

ローコスト住宅に取り組む設計者が、基礎の型枠に段ボールを利用することを考案。軽くて施工性がよいうえに使用後の分別廃棄も容易にできる。従来の合板や鋼板の型枠と比べて、手間や工期が半分で済むという。 船橋建築設計事務所(千葉県船橋市)代表の矢部明義さんは、この10年、ローコスト住宅の実現に向けて、設計・施工の両面で試行錯誤を繰り返してきた。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2613文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
船橋建築設計事務所
update:19/09/27