日経ホームビルダー 2003/01号

技術基準の要点
防火避難規定の解説書
建築主事が建築確認の判断材料に使う防火避難規定の解説書が11月20日に改定された。2000年の建築基準法改正に対応した形で、防火構造・防火材料などについて法解釈や運用の考え方を盛り込んだ。住宅にかかわる部分で、新たに盛り込まれた点、見直された点を中心に解説する。(安達功)

 「建築物の防火避難規定の解説2002」は全国の建築主事の連絡機関である日本建築行政会議が編集したもの。元々は行政庁ごとの法令運用のバラツキを整えるための「指針」として平成6年に作成された。改定の過程で「解説」という名称に変わったが、性格は変わっていない。指定確認検査機関なども判断基準として参考にしており、迷いがちな法令判断のスタンダードになりつつある。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2927文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
日本建築行政会議
update:19/09/27