日経ホームビルダー 2003/01号

住宅技術Q&A
ピッキング対策などに 有効な錠は何か? どう取り付けたらよいか?
様々な防犯対策商品が市販されている。 ドアまわりの納まりや、 開き勝手にも注意して設計したい。 特殊な道具や針金を使って解錠する犯罪が問題になっている。錠のメーカーなどが対策商品を販売しているので錠を選ぶ際に参考にしたい。 ドアやドア枠の破壊を防ぐためには、錠やドアまわりの納まりにも注意する必要がある。内開きにするのか、外開きにするのかといった判断も重要だ。

 窃盗犯がドアから侵入する手口には、ドア破壊カム送り解錠ピッキングサムターン回し、などがある。概要を以下に記す。〈ドア破壊〉ドア枠が木製の場合、左ページに示した図のAの位置から刃物類を立て、ストライクボックスを掘って外す手がある。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1955文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > その他(建築資材・設備)
【記事に登場する企業】
建築技術支援協会
update:19/09/27