日経情報ストラテジー 2003/02号

特集1 営業の情報武装に3つの落とし穴 顧客に嫌 インタビュー トップ営業が語る 「セール
「セールストーク」は要らない
インタビュー●トップ営業が語る 一方的な情報提供は不信感に、顧客主導に転換せよ

訪問販売を主力チャネルとする化粧品メーカーのポーラ化粧品本舗(本社東京)。販売会社の東東京ポーラ(同)の鷺沼営業所に所属する沼倉育子氏は、全国に約13万人いる販売員のなかで唯一、月間300万円以上を売り続けるトップ営業だ。約15年間、1度も月商300万円を下回ったことがないという実績は驚異的。その秘けつに迫った。(38〜40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ポーラ
update:19/09/24