日経情報ストラテジー 2003/02号

戦略研究
「富裕家族」を攻める
個客を超えて「個世帯」マーケティングへ

 2004年で会社設立から100周年を迎える老舗百貨店の三越。2002年2月期の連結売上高は、高島屋に次ぐ業界第2位で、東京・日本橋本店は店舗別で業界トップの売り上げを誇る。 しかし、伝統は陰りを見せている。バブル期の過剰投資が足を引っ張り、早期退職制度をはじめ、相次いで大幅なリストラも断行してきた。(56〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4871文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
三越伊勢丹
UBS証券
update:19/09/24