日経情報ストラテジー 2003/02号

レポート2 社員のネット利用を監視する
生産性向上に効果抜群
社員のネット利用を監視する 行きすぎた規制にはプライバシー問題も

 「不要なインターネット利用が多すぎるんじゃないですか」。工業計器大手の山武では、2001年1月ごろ、社員約30人とその上司を呼び、総務人財部が個別に面談した。 山武は2000年秋、社外のホームページへのアクセス制限を始めた。アダルト情報など、業務に関係ないページに接続できないようにしたのだ。 さらにその記録を分析。(68〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5834文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
アズビル
アルプス システム インテグレーション
カブドットコム証券
国土交通省
東京海上火災保険
東洋証券
トーメン
リコー
立教大学
update:19/09/24