日経情報ストラテジー 2003/02号

ウオッチUS
消えゆく小切手社会
決済手段の多様化は企業と顧客に利益

 30年ほど前に、初めてアメリカに来てびっくりしたのは、小切手による支払いだった。この手書きの紙切れと決済を結びつけるのは恐ろしく煩雑な作業だと思った。 だがこの小切手を利用する機会が、最近では非常に少なくなった。多くの決済がオンライン化したからである。 まず日本の口座振替と同様な手続きが普及した。(179ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
【記事に登場する企業】
米国野村総合研究所
update:19/09/24