日経情報ストラテジー 2003/02号

ウオッチ製造
ウオッチ
製造

 「ENEOS」ブランドの給油所を全国約1万2000カ所に展開している新日本石油(旧・日石三菱)は2003年4月以降、タンクローリーの配車管理システムを刷新する。石油製品を給油所に配送しているタンクローリーの現在位置をGPS(全地球測位システム)で監視し、効率的な配車を実現する。 新日本石油は2002〜2004年度の3年間で、物流費を2001年度よりも130億円削減する計画。(184〜185ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2012文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
インターネットサービス > eラーニング > eラーニング全般
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
情報システム > 調達・購買システム > 電子調達システム*
【記事に登場する企業】
アステラス製薬
エステー
NEC
川崎重工業
コクヨ
新日本石油
パナソニック
富士通
マツダ
update:19/09/24