日経情報ストラテジー 2003/02号

ウオッチ金融
ウオッチ 金融 CRM

 あいおい損害保険は、主力商品である自動車保険の契約者に対して、火災保険や生命保険を競合他社から自社に乗り換えさせる戦略を打ち出した。自動車保険の解約を防ぐとともに、新規契約による収益増で年間で60億円の増収を狙う。 自動車保険は、あいおい損保の全収入保険料の約6割を占める。競争が激化するなかで、この解約を防ぐことは同社にとって最大の課題だ。(190〜191ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2069文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
あいおいニッセイ同和損害保険
アフラック生命保険
AIU保険
損保ジャパン
東京海上火災保険
富士通
三井住友銀行
ユーシーカード
横浜銀行
update:19/09/24