日経アーキテクチュア 2003/01/20号

フロントライン
狙われる「都市再生」

京都心の再開発ラッシュを,暴力団勢力が新たな資金源として狙っている。警視庁によると,騒音や電波障害などを口実に迷惑料を要求したり,工事の下請け参入を強要したりする動きが目立ち始めている。 警視庁は暴力団排除に向けて,新たな取り組みを開始した。その第一号となる港区の防衛庁跡地の再開発事業では,着工は1年以上先の予定だが,すでに事業者を中心に協議会を設置。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:561文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
【記事に登場する企業】
警視庁
update:19/09/26