日経アーキテクチュア 2003/01/20号

CLOSE UP 建築 飛騨牛記念館
間伐材の格子が構造と仕上げを兼ねる
飛騨牛記念館(岐阜県清見村) 発注:岐阜県 設計:北川原温建築都市研究所 施工:垣内組

子状のパネルが外壁を構成している。格子の中の白い花びら模様のパネルは,飾りのようだが,内部には強度を高める90角の斜材が組み込んである。岐阜県が清見村の畜産研究所内に建設した飛騨牛記念館では,間伐材の活用を実践した。(8〜12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2745文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
垣内組
北川原温建築都市研究所
update:19/09/26