日経アーキテクチュア 2003/01/20号

CLOSE UP 住宅 evo
床面積の増減が容易な「空中敷地」
evo(埼玉県大井町) 設計:スタジオ・ゼロ斎木敬一建築+都市計画+デザイン研究所 施工:近藤建設

歩12分ほどの最寄り駅前には大型マンションやアウトレットモールがあり,宅地開発が急速に進む埼玉県の新興住宅地。むき出しの鉄骨が巨大なジャングルジムのように規則正しいグリッドを描く。格子の縦横それぞれ,4個ずつの四角い箱をはめ込むことができる。1層に16個,3層で48個のユニット状の空間を組み合わせた戸建て住宅に,夫婦と子ども2人が住む。(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2478文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
近藤建設
スタジオ・ゼロ斎木敬一建築
デザイン研究所
都市計画
update:19/09/26