日経アーキテクチュア 2003/01/20号

特集 選ばれる建築士(後編)
動き出す専攻建築士制度
認定基準や情報開示の方向性が少しずつ明らかに

 2002年11月のCPD制度のスタートを機に,建築士会は専攻建築士制度とCPD制度の説明会を各地で開催し始めた。この種の説明会にしては,たくさんの人を集めている。 専攻建築士制度は,2003年度に都道府県単位の建築士会のいくつかで試行し,2005年度から施行するスケジュールになっている。(67〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4675文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
アジア太平洋経済協力会議
国土交通省
東京建築士会
日本建築家協会(JIA)
日本建築構造技術者協会
日本建築士会連合会
update:19/09/26