日経アーキテクチュア 2003/02/03号

特集 岐路に立つ近代建築
こんな「保存」も 外観をそっくりに再現

 下の二つの写真を見比べてほしい。上が5年ほど前,下が現在の写真だ。古い赤レンガ建築を改修しているようにも見えるが,実はれっきとした新築工事だ。 旧第一勧業銀行(みずほ銀行)京都支店は1906年,辰野金吾の設計で建設された。京都市の「界わい景観整備地区」に指定されている三条通地区にあり,街の景観を形成する重要な建物だった。(66〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
京都工芸繊維大学
地方自治体
みずほ銀行
update:19/09/26