日経アーキテクチュア 2003/02/03号

現場からの建築指南 真っ先に漏水対策を/小関法行氏(大成建設
真っ先に漏水対策を

雨漏りのしない建物をつくる,というと当たり前のことのようだが,設計図上で常識的な漏水対策が施されていないケースは意外に多い。大成建設の小関法行工事長は,外壁のシーリングからの漏水トラブルを防ぐポイントとして,まず,シーリングの個所を減らすという発想が大切だ,と指摘する。(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > その他(設計・デザイン)
【記事に登場する企業】
大成建設
update:19/09/26