日経ホームビルダー 2003/02号

焦点
「軸組み+パネル」の実大建物で構造強度を実験 2階建ての住宅を引き倒す

 実験室に建てられた2階建ての住宅にワイヤーを取り付け、クレーンで引っ張る。東日本ハウスと工学院大学の宮澤健二教授とが、共同で行った実大実験だ。 実験に用いたのは、東日本ハウスが開発した工法による試験棟。柱・梁の軸組みに受け材を介した真壁式で、周囲4面に構造用合板のパネルを組み込んでいる。さらに床と天井も同様のパネルで構成。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:724文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
工学院大学
東日本ハウス
update:19/09/27