日経ホームビルダー 2003/02号

住宅技術Q&A
空き巣の被害を防ぐ観点から、 開口部などを計画する際に 注意すべき点は何か?
ガラス破り対策が重要。 開口部の防犯性能を高め、 外からの視線にも配慮する。 侵入に手間がかかるような対策をすることがポイントだ。 まずは、ガラスや錠などを吟味して、開口部そのものを強化することが重要。面格子や電動シャッターを併用すれば、安全性は高まる。 隣家や前面道路などから見通しが利く場所は狙われにくい。開口部の設け方にも気をつけたい。

 外国人窃盗団による犯罪など、最近ではかなり乱暴な方法で住宅に侵入する犯行が目立っている。被害を受けないようにするためには、開口部まわりの防犯性能を高めることが最も重要だ。以下にそのポイントを述べる。 安全性の面で一番問題になるのは、隣家や前面道路から見えにくい位置にある開口部である。二重三重の安全対策を考えなければならない。(86〜87ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1937文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > その他(建築資材・設備)
【記事に登場する企業】
建築技術支援協会
update:19/09/27