日経情報ストラテジー 2003/03号

特集1 数字に強い組織を作る 意思決定支援システ STEP2 数値の背景を伝えよ
数値の背景を伝えよ
Step.2ハ 理由を明らかにすれば打ち手が見えてくる

 業務上の数値が危険水域に達していなくても、常に業務の現場が数値に敏感であることが望ましい。しかし、目の前の仕事に追われる現場の社員に、すべての数値の動きに目を配れというのは酷な注文だ。さらに、数値から次の打ち手を読み取るような素養を、すべての社員に期待できるわけではない。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
【記事に登場する企業】
カゴメ
ソニー・ミュージックディストリビューション
ドウシシャ
日本能率協会
update:19/09/24