日経情報ストラテジー 2003/03号

レポート1 インターネットでIR(投資家向け広報)活
個人投資家開拓の武器に
インターネットでIR(投資家向け広報)活動 法人投資家との情報格差を埋める機会提供

 昨年8月、東京ガスは個人投資家向けに経営計画や新技術などの情報を集約した専用ウェブ・ページを立ち上げた。個人投資家に対するIR(投資家向け広報)活動を強化するためだ。 これまでは機関投資家と個人投資家を区別せずに、共通のページで情報を公開していた。だが、個人投資家が分かりやすい形で企業情報を提供するには、専用ページが不可欠と判断した。(70〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5471文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 情報提供サービス
インターネットサービス > EC > オンライン株取引
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
ソニー
高島屋
大和インベスター・リレーションズ
東京ガス
三井住友フィナンシャルグループ
三菱重工業
UFJ信託銀行
update:19/09/24