日経情報ストラテジー 2003/03号

ウオッチ戦略
企業内大学を開講
東芝 業績直結のコンピテンシーを全社に浸透

 東芝が社員の教育研修制度を刷新し、業績に直結する人材開発に乗り出した。職務ごとに欠かせないコンピテンシー(行動特性)を分析。職務に合わせて研修カリキュラムを提供する企業内大学を開設する。 第一弾として昨年12月に、情報システムの構築などを手掛ける社内カンパニーのe−ソリューション社に、企業内大学「e−ユニバーシティ」を設立。約4500人の全社員が受講する。(157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:962文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
インターネットサービス > eラーニング > eラーニング全般
【記事に登場する企業】
東芝
update:19/09/24