日経情報ストラテジー 2003/03号

ウオッチ戦略
企業ポータルを刷新
大阪ガス 部門横断のナレッジ共有で業務効率化

 大阪ガスは、4月をメドにナレッジ・マネジメントを大幅に強化する。企業情報ポータルを拡充して、専門知識が豊富な従業員の知識を部門横断的に共有できるようにする。社内に埋もれた知識を全社で活用し、業務処理のスピードを速めるのが狙いだ。 エネルギー業界は、電力自由化が進むにつれてサービス競争が激化。(158ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1146文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > EIPおよび構築ツール*
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > EIPおよび構築ツール*
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
【記事に登場する企業】
大阪ガス
update:19/09/24