日経情報ストラテジー 2003/03号

講座 変革プロジェクトのための人材開発
対話力が実践の場を広げる
第4回 ナレッジ・マネジメントを支える真のインフラ

 リース業のM社は、業界再編が巻き起こるなかで収益の拡大を狙って顧客に付加価値を提供できる提案型営業の仕組み作りに力を入れてきた。 膨大な顧客データやリース案件データを活用しやすくするために、ビジネス・インテリジェンス(BI)ソフトを導入。詳細なデータ分析から顧客の特性を把握し、顧客ニーズに合ったリース案件を提供できるようにした。(173〜175ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3918文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
【記事に登場する企業】
グロービス・オーガニゼーション・ラーニング
update:19/09/24