日経情報ストラテジー 2003/03号

新刊 書評
『コモンズ』 ネット上の所有権強化は技術革新を殺す
ネットから創造の自由を回復する方策

 インターネットの普及に伴い、コンテンツ流通への様々な規制や巨大資本の支配力強化が取りざたされるようになった。ネットは誰にも開かれた「コモンズ(共有地)」であるという認識も少しずつ変化している。 本書はそうしたネット上の規制に対して警鐘を鳴らす意欲作。著者は米国におけるサイバー法の第一人者で、一方的で表面的な規制ではなく、柔軟なルール作りを訴える。(212ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:512文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24