日経ソフトウエア 2003/03号

IT業界の資格指南 第2回
インターネット検定
合格すれば就職にだんぜん有利?

 第1回で取り上げた日本情報処理開発協会の「基本情報技術者試験」は,法律で内容が定められ,公的機関が試験を実施するもので,30年を超える伝統を誇るものであった。今回はぐっと違った味わいの試験を取り上げよう。「インターネット検定 .com Master(ドットコムマスター)」は,民間企業であるNTTコミュニケーションズが内容を決めて実施する,2001年に登場したホットな一品だ。(108〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > IT関連資格*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > IT関連資格*
【記事に登場する企業】
NTTコミュニケーションズ
update:19/09/25