日経アーキテクチュア 2003/02/17号

特集 「デザイナーズ」症候群
なぜデザイナーズなんでしょう?
デザイナーズ現象は一過性のブームなのか,定着への過程なのか。今後を占うために,社会背景を振り返ってみよう。

 「デザイナーズ」とはいったい何を指すのか。「現代用語の基礎知識2003年版」(自由国民社発行)では,デザイナーズマンションをこう説明している。「首都圏で生まれた個性的な間取りやデザインの賃貸用マンション。若手のデザイナーを起用し,都市性を楽しむ住人にオフィス,住居の機能を提供する」(鈴木博之著)。この言葉が初登場した2001年版から定義は変わっていない。(72〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5431文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
update:19/09/26