日経アーキテクチュア 2003/02/17号

法務
「おかしな施主」が設計者を提訴 反対尋問で施主のウソが明らかに
弁護士 福田 晴政

s本誌2002年10月28日号で,証拠がないと平気でウソをついて不当な利益を得ようとする「おかしな施主」が出現していることを取り上げ,その対応策を説明した。今回は,この「おかしな施主」から裁判を起こされた設計者の事例を紹介する。s施主側の準備書面のミスから,筆者による反対尋問でウソが明らかになった。しかし,裁判所の勧告に従って和解した。(96〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/26