日経コンピュータ 2003/02/24号

徹底解説! 世界標準に沿ったプロジェクト 第24回
契約者同士が「Win−Win」の関係を築け
第24回  調達マネジメント

調達は、契約行為を通してプロジェクトの組織や仕組みを構築することである。要員調達では、組織としての「要員調達方針」や、内部調達と外部調達の優先順位などに基づいて調達計画を作成する。調達契約を結ぶ当事者同士が「Win−Winの関係」を確立する(両者が勝者となる)には、共通の目標に向かうチームとしての信頼感を醸成することが不可欠である。(166〜171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6393文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24