日経コンピュータ 2003/02/24号

HEADLINE System
住友信託が3月末に資産運用システム Javaで「段階的開発」に挑戦

 住友信託銀行は資産運用業務向けのシステム「投資マネージフロントシステム」を3月末に完成させる。同行が「資産運用業務の強化を見据えて構築を進めた戦略システム」(投資企画部企画チームの本村ほんむら 剛調査役)で、顧客から預かった年金などの資産運用や収益管理に使う。 構築の過程では、システム全体を三つに分けて、段階的にリリースするアプローチを採用した(図)。(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:854文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
住信情報サービス
日本ヒューレット・パッカード
日本ラショナルソフトウェア
三井住友信託銀行
update:19/09/24