日経アーキテクチュア 2003/03/03号

ニュース 「特区」提案に国交省が難色示す ほか
構造改革 地域の“夢”か,単なる“エゴ”か 「特区」提案に国交省が難色示す

 区域を限り,地域特性に応じて規制の特例措置を設ける「構造改革特区」の提案(1月15日締め切りの2次募集分)に対し,規制法令を所管する国土交通省は「現行制度で対応可能」あるいは「対応は困難」と,ほぼすべての提案に難色を示した。 2次募集には,412の地方公共団体や民間企業などから651件の提案があった(建築・都市関係分野の一部を要約したのが下の表)。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
大阪建築士事務所協会
大阪府建築士会
国土交通省
地方自治体
update:19/09/26