日経アーキテクチュア 2003/03/03号

特集 住民主役の設計術
運営への参加を最初から目指す
可児市文化創造センターala

 2002年7月にオープンした可児市文化創造センターala(以下,創造センター)のこれまでの来場者数は月平均で2万人,貸しスペースの稼働率は80%に達する。人口10万人弱の地方都市にしては,立派な数字だ。もう一つ,自慢がある。運営をサーポートするボランティア集団が開館前にできたことだ。コンサート時の客席案内やチケットのもぎりなどは,ほとんどこのメンバーが手がける。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3213文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
香山壽夫建築研究所
名古屋大学
update:19/09/26