日経アーキテクチュア 2003/03/03号

法務 日照被害で買い主が売り主を提訴,不動産価
日照被害で買い主が売り主を提訴 不動産価値の下落分も損害と認定

sマンションや建売住宅の売り主が,自ら日照や眺望などを阻害する建物を隣地に建てたり,第三者が建てることを知っていて隠したりして,買い主とトラブルになるケースが多い。s日照や眺望の被害を巡る紛争では,このように売り主が関与している場合は,売り主の説明義務違反が認められ,買い主に対して損害賠償を命じられる可能性が高くなる。(74〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2760文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/26