日経アーキテクチュア 2003/03/03号

現場からの建築指南 外断熱は「後張り」で/畠中広隆氏(辰)
外断熱は「後張り」で

住宅の施工を主に手がける建設会社,辰の畠中広隆工事長は,外断熱工法の思わぬ落とし穴を指摘する。断熱材打ち込み工法だと漏水の危険があるというのだ。それを防ぐには,コンクリートが確実に打設されたことを確認したうえで,断熱材を後張りする必要がある。(本誌) 最近,外断熱工法が注目されています。当社では,断熱材を後張りする工法しか採用しません。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3054文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
ユニホー辰カンパニー
update:19/09/26