日経アーキテクチュア 2003/03/03号

建築が生きる照明作法 第5回 建築化照明の納まり(2)
脇役としての光の生かし方
第5回 建築化照明の納まり

今回は間接照明の実例を中心に,建築化照明の手法の広がりについても解説する。間接照明の極意とは,光それ自身が主役なのではなく,照らす対象に注意を払い,本来の主役である空間全体を引き立てるという観点を見失わないことだ。もちろん明るさ感や照度の確保というベーシックな機能も忘れないようにしたい。(88〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4870文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
【記事に登場する企業】
ライツワークス
update:19/09/26