日経ホームビルダー 2003/03号

NEWS解説
●防犯開錠工具の無断所持規制へ警察庁が新法案提出

 警察庁の「住宅等侵入犯罪予防対策研究会」(座長・宮沢浩一慶応大学名誉教授)は、ピッキングなどに使う工具を正当な理由なく所持していた者に懲役刑を含む刑罰を科す新法案をまとめ、1月20日に召集された国会に提出した。 現行法でも不正開錠に使う「開錠専門工具」などの侵入用工具を隠し持つことは規制されているが、刑罰は「拘留または科料」と軽かった。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:441文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建設資材・設備 > その他(建築資材・設備)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
警察庁
update:19/09/27