日経ホームビルダー 2003/03号

特集 CS向上の高齢者住宅のつくり方 観察
日常動作を行ってもらい 「できること」「できないこと」を把握

 計画をつくるには、まず住まい手の体の状況を知る必要がある。「日常動作を実際に本人に行ってもらい、観察するのが最も良い方法」と話すのは、ワイズウィール(東京都練馬区)代表の勝田由美子さんだ。住宅会社に勤務した後、介護や福祉の知識を学んだ勝田さんは、現在、高齢者を対象としたバリアフリー改修の設計を専門に手がけている。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1655文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
update:19/09/27