日経ホームビルダー 2003/03号

特集 CS向上の高齢者住宅のつくり方 地域住宅会社の試金石
コミュニケーションが必須能力
地域住宅会社の試金石

 バリアフリー改修をはじめとした高齢者住宅づくりに取り組んでいくためには、住まい手と住宅会社との間のコミュニケーションギャップを埋めていかなければならない。意識改革のほか、介護、福祉の専門知識も学ぶ必要がある。必要な能力はほかの仕事と同じ そこまでして取り組まなければならないのか、と聞かれれば答えはイエスだ。(55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1160文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
update:19/09/27