日経NETWORK 2003/03号

フォローアップ 基本をおさらい ネットワーク教養講座 最
通信の相手とタイミングを取る
ネットワークの「同期」とは何か

多摩大学経営情報学部経営情報学科教授。電電公社(現NTT)電気通信研究所で電話網のディジタル伝送方式を研究。ISDNの実用化に取り組んだ。郵政省の研究会から市民大学講座まで,わかりやすい解説で活躍中。著書多数。 通信技術を勉強していると「同期」と「非同期」という言葉がよく出てくる。(114〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8484文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)*
【記事に登場する企業】
多摩大学
update:19/09/26