日経NETWORK 2003/03号

特集2 まるわかりP2Pファイル共有 Part2 P2Pの可能性を探る
P2Pの可能性を探る
——対応アプリから本質を解明

 Part2では,もう少し広い視野に立って,ネットワーク技術としてP2P型のシステムを整理してみよう。さらに,従来のクライアント・サーバーにはないP2Pのメリットを生かした,さまざまなP2Pアプリケーションを見ていく。Part2を読み終われば,P2Pの持つ可能性が理解できるはずだ。P2Pの根本から生まれるメリット まず,P2Pの根本的な特徴を整理しておこう。(128〜132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6146文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 まるわかりP2Pファイル共有(120〜121ページ掲載)
話題のWinMX,Winny から本質まで まるわかりP2P  ファイル共有
特集2 まるわかりP2Pファイル共有 Part1 実際のしくみを押さえる(122〜127ページ掲載)
実際のしくみを押さえる
特集2 まるわかりP2Pファイル共有 Part2 P2Pの可能性を探る(128〜132ページ掲載)
P2Pの可能性を探る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > PtoPファイル交換サービス・ソフト*
【記事に登場する企業】
アリエル・ネットワークス
アンクル
NTTデータ
日本IBM
ビットメディア
update:19/09/26