日経ソリューションビジネス 2003/03/15号

ニュース解説
日本アバイアがIP電話の販売攻勢
販売パートナに向けた支援体制を強化

 米ネットワーク機器ベンダー、アバイアの日本法人である日本アバイアが、IP(インターネット・プロトコル)電話の販売攻勢を掛ける。日本におけるIP電話市場が急速に立ち上がる中、顧客ベースを持つ日本メーカーだけでなく、外資系ベンダー間の競争も激化しているため、先手を打つ。 売り込むのは、IP電話システムのECLIPS。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:610文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ネット利用の電話機能 > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > IP電話サービス*
【記事に登場する企業】
日本アバイア
update:19/09/25