日経ソリューションビジネス 2003/03/15号

ITマーケット IA/Linuxサーバー
基幹系参入をぶち上げた 富士通とインテルの深謀遠慮
業界初の試みだが、普及までに課題も山積 IA/Linuxサーバー

 富士通と米インテルは2003年1月24日、共同で「2005年にメインフレーム・クラスのIA/Linuxサーバーを市場に投入する」ことを発表した(図1)。今回の発表の背景には、Linux市場で優位に立とうとする富士通と、ハイエンド・サーバー市場でIAサーバーの勢力を拡大したいインテルの思惑が一致したことがある。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン*
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
【記事に登場する企業】
米インテル社
富士通
update:19/09/25