日経ITプロフェッショナル 2003/03号

CATCH THE TREND ユーザー動向
トレーサビリティへの取り組み進む 6000億円規模のIT投資減税も

 今年に入って,「トレーサビリティ(原料・生産の追跡)」を実現する情報システムへの取り組みが一段と進んでいる。特に活発なのは食品業界である。食品の安全性を証明することで付加価値を高めるという明確な目的があるためだ。 1月15日には,食品総合研究所がイオンや生活協同組合コープ神戸と共同で,インターネットを利用して農産物の生産情報を消費者に開示する実験を始めた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1419文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
食品総合研究所
update:19/09/25