日経ITプロフェッショナル 2003/03号

特集1 XML完全理解 第3部 企業間データ交換の“実質標準”に
様々な業界に浸透 XMLの広がりを知る
企業間データ交換の“実質標準”に

 XMLが最も利用されている分野の1つは,BtoB(企業間)のデータ交換と言ってよい。そこで,第3部ではBtoBのデータ交換でXMLを利用するメリットを整理するとともに,実際にどのようにXMLが活用されているのかを解説しよう。 従来,企業間のデータ交換フォーマットとしては,企業独自のフォーマットやCSV(Comma Separated Value)形式が使われることが多かった。(33〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6426文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
インフォテリア
update:19/09/25