日経ITプロフェッショナル 2003/03号

特集1 XML完全理解 第4部 ドキュメント管理にXMLを応用す
XMLデータベースの 機能と特徴を学ぶ
ドキュメント管理にXMLを応用する

 企業には,製品情報,営業日誌,顧客情報,サポート報告など様々なドキュメントが存在する。こうしたドキュメントを電子化して管理するのがドキュメント管理システム。現在,多くの企業がドキュメント管理システムの構築に取り組んでいる。 せっかくドキュメントを電子化して保存するのだから,当然必要なときに必要なドキュメントをどこからでも取得できるのが理想的だ。(39〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5488文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > 文書管理システム*
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
メディアフュージョン
update:19/09/25