日経ITプロフェッショナル 2003/03号

ミッション・インポッシブル [Garagardoa開発プロジェクト]
自社開発の業務システムを オープンソースにせよ
[Garagardoa開発プロジェクト]

日本のユーザー企業では珍しいオープンソースへの本格的な取り組みとして,注目を集めている。開発を担当した富士通長野システムエンジニアリングは,従来の契約形態では考えられない受託開発条件を,新たなビジネス・チャンスととらえ受けて立った。 ニユートーキヨーは2002年9月に,Webベースの座席予約システムである「Garagardoa(ガラガラドア)」を開発。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6498文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
【記事に登場する企業】
ニユートーキヨー
富士通長野システムエンジニアリング
早稲田大学
update:19/09/25