日経ITプロフェッショナル 2003/03号

ソフトウエア技術者のためのハードウエア入 第10回 マイクロプロセサの歴史(上)
4004から8080まで マイクロプロセサの誕生と発展
[第10回]マイクロプロセサの歴史(上)

これまでの連載でマイクロプロセサの基本構造と動作原理を,基本から解説してきた。今回と次回は,インテル社製のプロセサを具体例にして,プロセサの機能強化の歴史を辿る。早川 美徳東北大学大学院理学研究科 助教授  本連載では2002年9月号から11月号で,実際に使われている16ビットプロセサ(H8/300H)を取り上げ,その構造と働きを説明した。(86〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7850文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
【記事に登場する企業】
インテル
東北大学
update:19/09/25