日経ITプロフェッショナル 2003/03号

見積もり・提案・契約の勘どころ
契約書なき約束が プロジェクト・リスクと 信頼失墜を引き起こす

 「支援契約でも大丈夫です。受注したらやるしかないですから,責任の重さは同じです」——請負契約を求めるユーザー企業に対し,支援契約でもベンダーの責務は同じだから,請負にこだわる必要はないと説得する営業担当者。商談ではよくある会話だが,現実に交わされる契約書は請負と支援ではまったく異なる。(112〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5673文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
札幌スパークル
update:19/09/25