日経コンピュータ 2003/03/24号

誤算の検証 動かないコンピュータ
文書管理システムを 稼働から1年半で再構築へ 要件定義が甘く利用者が増えず
国土交通省

国土交通省の「総合的文書管理システム」が、稼働からわずか1年半で、実質的な再構築に取りかかっていることが明らかになった。システム仕様策定時の業務調査が不十分で、省内の一部でしか利用できなかったうえに、ベンダー選定がうまく進まなかった。これまでに同システムに投入された金額は5億円を超える。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > 文書管理システム*
【記事に登場する企業】
国土交通省
日本ユニシス
リコー
update:19/09/24